FC2ブログ

塩屋の浜

黒潮一番館から海沿いを5分ほど歩くと、塩屋の浜に到着します。
塩屋の浜は、土佐西南大規模公園佐賀東地区のすぐ目の前にあります。

shi1.jpg

晴れた日の海は、まっ青で透明度も高く、南国気分になります。

shi2.jpg

パラソルをたてて、ピクニックを楽しむ人達も見かけます。
海には人も少なく、車もさほどこないので、小さいお子様の遠足にも向いています。

shi3.jpg

砂浜には、食べることのできる、浜ゴボウも、ワサワサと育っています。

shi4.jpg

海の砂浜に生息する、不思議な植物です。

shi5.jpg

海辺には、貝がらも落ちています。

shi6.jpg

海には岩場もあります。

shi7.jpg

可愛い貝がらを見つけました。

shi8.jpg

岩に小さなツブツブの貝もへばりついています。

shi9.jpg

水たまりでは、カラスの行水を見かけました。

shi10.jpg

塩屋の浜の向かい側には、広い駐車場とトイレが完備されています。
無料駐車場には、大型バスも駐車できます。

shi11.jpg

トイレには、コインシャワー室もありました。
塩屋の浜は、海水浴場では無いので泳ぐのは危険です。
泳がなくても、海に足だけつけて、シャワー室で足を洗うことができます。

shi12.jpg

喉が乾いたら、高知県水難救済会支援自販機で、飲み物を買えます。
この自動販売機の売上金の一部は、高知県水難救済会への義援金として、海の人命救助や海難防止等のボランティア活動を支えています。(青い羽募金)
スポンサーサイト

土佐西南大規模公園佐賀東地区

黒潮一番館から歩いて5分程の場所に、土佐西南大規模公園佐賀地区の多目的運動公園があります。

sd1.jpg

大きい看板で「土佐西南大規模公園佐賀地区の多目的運動公園」と書かれてあり、塩屋の浜の近くにあります。

sd2.jpg

緑の茂った丘を、徒歩で登ります。
車で登れる道もあり、上に駐車場もあります。

sd3.jpg

徒歩で登る道では、途中でお地蔵さんに会えたりします。

sd4.jpg

海が一面に広がる、見晴らしの良い場所で、お弁当を食べたり、マッタリすると気分が良いです。

sd5.jpg

新緑が目に飛込み、綺麗な鳥のさえずりも聞こえます。

sd6.jpg

スケートボード場もあり、利用時間は夜9時までです。
初級者の方から楽しめるように障害物を配置したローラースケートとスケートボード専用の滑走路です。
人も見かけなかったので、思う存分、広々と練習できます。

sd7.jpg

散策路には、イガイガの面白い植物も落ちていて、自然散策も楽しめました。

sd8.jpg

その先には、野球やサッカーなど各種の競技や野外コンサートにも利用されている運動広場もありました。
グラウンド沿いに休憩所やステージなども整備されています。
お金をかけずに遊べそうなスポットです。

ご案内→ http://www.jalan.net/kankou/390000/390800/spt_39421ca3280133803/?spotId=39421ca3280133803&afCd=&rootCd=&screenId=OUW4001

四国4県グリーンツーリズム

四国4県の高知県・愛媛県・徳島県・香川県の皆様が、漁師町を訪ねてくれました。
グリーンツーリズムを推進している皆様が、視察を兼ねて、高知県幡多郡黒潮町の佐賀を体感してくれます。

gt1.jpg

到着後、漁民センターへ集合し、四国4県の意見交換会です。
漁家民泊・カツオのタタキ作り体験・黒潮一番館・砂浜美術館からは、実践者活動報告をしました。

gt2.jpg

その後、ゲストを各漁家民泊先へご案内し、荷物を置いてもらった後、黒潮一番館に集合してもらいました。
夕食は、土佐のおきゃくスタイルでの懇親会です。

gt3.jpg

カツオのタタキや刺身に魚飯、カツオコロッケ、地元のお野菜など、スペシャルな献立です。
お寿司にお花を添えたり、見た目も春らしくしていました。
土佐のおきゃくは盛り上がり、おひらきになった後も、みんな一軒の家に集まり、引き続き楽しくおしゃべりしたそうです。

gt4.jpg

翌朝、ソルトビーで塩作り体験をした後、カツオのタタキ作り体験もしてくれました。
タタキ作り体験隊と同様に、塩作り体験のスタッフも味があって良かったそうです。

gt5.jpg

カツオのタタキ作りでは、心臓の炭火焼きが珍しいと、喜んでくれました。

gt6.jpg

愛媛県からのお客様のジャンパーには、「愛媛産には、愛がある」と書かれてあります。
四国4県で、素敵な発見をしてみたい方は、思いっきり四国!88癒しの旅がオススメです。
 http://www.pref.kagawa.jp/nosonseibi/green/gtshikoku/iyashinotabi.html

gt7.jpg

カツオのタタキ作り体験は、龍馬パスポート参加施設です。
この日も、タタキ作りの体験者全員にカツオマークのスタンプを押しました。
高知県では観光施設用パスポートの発行があり、海外旅行のように色んなスタンプをパスポートに押してもらえます。
特典もあるので、URLをチェックしてみてくださいね。→ http://attaka.or.jp/ryoma-pass/

カツオと鯉のぼり川渡しフェスティバル

土佐佐賀の坂折地区にある伊与喜川に、4月28日(土)から5月5日(土)の期間、カツオと鯉のぼりが泳いでいました。
5月3日(木)の10:00から15:00には、カツオと鯉のぼり川渡しフェスティバルも行われました。

sko1.jpg

カツオと鯉のぼりが飾られてある伊与木川の場所は、大きい看板「さが町」の見える付近で、国道56号線沿いになります。
土佐くろしお鉄道をご利用の場合は、「土佐佐賀駅」を下車し、徒歩10分程で到着します。

sko2.jpg

伊与木川の上空を、カツオのぼり60匹と鯉のぼり60匹がなびいています。

sko3.jpg

伊与木川は、ダムの無い豊かな清流で、鮎や川海老・鰻なども生息しているそうです。
川の周りは、山や田んぼの緑が美しく、深呼吸したくなりました。

sko4.jpg

土手の上には、100本の紙鯉のぼりが立っています。
土手を歩くと、心地よい風に吹かれながら、カツオと鯉のぼり全体を見渡せます。

sko5.jpg

近所の家にも、鯉のぼりを飾っています。
紙鯉のぼりは、フェスティバルの会場で、先着50名様にプレゼントをしていました。

sko6.jpg

フェスティバルの会場には、子供でも手に届きそうな位置に、鯉のぼりを飾っています。
ピエロもやってきて、風船のプレゼントをしてくれたそうです。

sko7.jpg

地元の人達が、ヤキソバや焼き鳥、ドーナツ・綿菓子、花などのお店を出店しました。
なかでも、魚屋さんの魚飯がよく売れたそうです。

sko8.jpg

近くに、天満宮と曽我神社もあります。
11月には、豊漁豊作の感謝の秋祭りがあり、天満宮と曽我神社から黒潮一番館まで、おみこしを担ぎます。

sko99.jpg

土手には花も咲いていて、写真撮影をしている人もいました。
ブルーの集団が、カツオのぼりです。

sko10.jpg

カツオのぼりの後方に、カラフルな鯉のぼり達が泳いでいます。
土手や河原で、子供達がノビノビと走り回り、楽しそうに、はしゃいでいました。
毎年、子供の日あたりには、伊与木川に、カツオと鯉のぼりがなびいています。

春の花

のんびりとした、高知県幡多郡黒潮町の佐賀エリアです。
道の狭い漁師町をプラプラ歩いてみると、季節を感じる、春の花の存在に気がつきました。

ha1.jpg

道端にひっそりと咲く、なつかしい花です。

ha2.jpg

タンポポの綿毛をフーっと吹いてみたくなりました。

ha3.jpg

黒潮一番館の広場は、シロツメクサのお花畑みたいになっています。

ha4.jpg

黒潮一番館の花壇の花です。

ha5.jpg

春は、彩り豊かな花が際立っています。

ha55.jpg

道路沿いの花壇にも、色々な植物が植えられています。

ha6.jpg

ツワブキも地面でひっそりと過ごしています。

ha7.jpg

しっとりとした紫の花もあります。

ha9.jpg

淡いピンクの花も微笑ましいです。

ha10.jpg

しゃがむと雑草の可愛らしい花にも出逢えます。

ha11.jpg

道路でトカゲに挨拶をしました。

高知の西部、黒潮町で遊ぶ

毎年5月には、砂浜美術館でTシャツアートのイベントが開かれます。
海辺の広範囲に、自分でデザインしたオリジナルTシャツが、洗濯物を干したようにヒラヒラとなびいています。
今年は、5月2日から6日までの間に、高知県黒潮町の入野の浜辺に展示されます。
自分のオリジナルTシャツを作って参加してみたい方は、コチラをチェックしてください。
Tシャツアート展 → http://sunabi.com/doc/tshirt.html

ku1.jpg

黒潮町佐賀方面には、山に囲まれた農家民宿があります。
別荘のように、はなれの一軒家を一棟かしてくれ、味噌作りなどの田舎体験メニューも充実しています。
農家民宿かじか → http://kuroshiokajika.sakura.ne.jp

ku2.jpg

庭の池が凍るほど寒い日でした。
農家民宿かじかのお母さんは、寒い日に、干し芋も作っています。

ku3.jpg

前々から興味津々だった念願の味噌作り体験です。
麹をほぐしています。

ku4.jpg

お味噌には、茹でた大豆も加えます。
マスクをしているのが、農家民宿かじかのお母さんです。

ku5.jpg

天日塩も混ぜて、機械でミンチにします。
これを、半年から一年寝かせると、お味噌になるので、各自ミンチをお土産に持ち帰りました。

ku6.jpg

農家民宿かじかには、趣味のラン小屋もありました。
写真を撮っているのは、レンタル自転車Grand Velo のオーナーです。

ku7.jpg

カツオの味噌茶漬けのランチをとった後、レンタル自転車で入野松原をサイクリングしました。
ビオス情報館でサイクリングマップをもらって、マウンテンバイクやロードなど一度は乗ってみたい自転車の中から、好きな自転車を選ばせてくれました。
Grand veloでは、半日500円、一日1000円でレンタルサイクルをやっています。
電話番号0880-43-0332 へお願いすれば、ビオスおおがた情報館前まで自転車を持ってきてくれます。

ku8.jpg

潮風に吹かれながら海沿いをサイクリングし、途中で漂流物を探してみました。
ビオスおおがた情報館には、海に流れ着いた漂流物が展示されていました。
シーサイドギャラリー → http://sunabi.com/doc/drift.html

ku9.jpg

自転車で、海辺のガラス工房kiroroanへ行き、吹きガラスの体験もできます。
ガラスに空気を入れて、自分のオリジナルグラスを作れます。

ku10.jpg

溶けたガラスのかたまりを、吹いたり転がしたりして、20分くらいでガラスのグラスに変身しました。
できたグラスは冷さないといけないので、後日、郵送で送ります。

最後に、集合場所の黒潮町佐賀エリアにある、こぶしの里でお茶をしました。
こぶしの里には、温泉もあります。→ http://www.kobushino-sato.jp 
1日こういう風に遊んでみたい方は、砂浜美術館に問合せしてみてくださいね。
砂浜美術館 → http://sunabi.com/

完全天日塩作り

黒潮一番館で出す、カツオのタタキにふっているお塩は、ソルトビーさんの完全天日塩の海一粒を使用しています。
黒潮一番館から車で10分程のところにある、ソルトビーさんでは、天日塩作り体験もできます。
60分〜90分のコースで、塩のかくはん等の作業体験や、オプションで、塩のにがりを使った豆腐作りなどもできます。

s1.jpg

高知県幡多郡黒潮町では、手作りのお塩をつくっている場所が数箇所あります。
黒潮一番館から、塩の道を通って、熊野浦方面へ行きます。

s2.jpg

景色の綺麗な海沿いを、山方面へ進んでいきます。
天日塩のソルトビーさんは、みかん狩りのできる、潮風みかんさんの近くにあります。

s3.jpg

ソルトビーさんの「採かん装置」という木とネットだけで作られた装置です。
この中で、海水を循環させ、太陽と風の力だけで徐々に塩分濃度を上げていくそうです。

s4.jpg

水が綺麗な満潮時の潮止まりの時に、黒潮の海水を採かん装置の中へポンプでくみ上げます。

s5.jpg

かくはん作業が行われるハウスです。
塩分濃度が海水の5〜6倍になったら、このハウスで塩を結晶にします。

s6.jpg

お塩になるまで、夏場は約1ヶ月、冬場は約2ヶ月かかるそうです。
加熱処理なしの天日塩は、ミネラルたっぷりだそうです。

s7.jpg

細かな不純物まで取り除く、選別作業をしています。
手間と時間を惜しまないゆっくりとした時間の流れが必要な天日塩です。
「太陽」と「風」、自然のエネルギーだけで塩を作っています。

s8.jpg

黒潮町の海水でできた、手作りのお塩は、黒潮一番館のお土産コーナーでも販売しています。
真ん中の、海一粒という天日塩とボトルに入ったにがりが、ソルトビーさんの商品です。

ソルトビー → http://ziba3.net/salt-bee/index.htm

潮風みかん狩り

黒潮一番館から、車で10分程、海沿いを山方面へ行くと、潮風ミカンさんがあります。
海沿いの車窓が美しい塩の道をドライブしていきます。

m1.jpg

10月中旬から12月中旬までの間、お一人さま500円で、みかん狩りができます。

m2.jpg

こちらはメインの、10月中旬〜11月中旬に収穫できる、みかん畑です。
山の斜面にあるみかん畑とは違って、平坦な場所にあるので、収穫の際に疲れません。
季節による温度差があまり激しくない場所のほうが、薄い皮のみかんが育つそうです。

m3.jpg

12月は、少し離れた第二の畑で、みかん狩りをします。
ちょうど、モンゴルからのお客様が、みかん狩りに来ていました。

m4.jpg

第二の畑までの道に、小川が流れていたりもします。

m5.jpg

のどかで静かな、みかん畑なので、のんびりした気分になれます。
ウサギもたまに来るらしいです。

m6.jpg

第二の畑のみかんは、高知県で育てているのは珍しい品種だそうです。

m7.jpg

ワンシーズン1本の木で、だいたいコンテナ5個分くらいのみかんが収穫できるそうです。

m8.jpg

水は自然の雨水を使用し、雨水をためるタンクがあったり、細部にこだわりを持って、みかんを育てているとのことでした。

m9.jpg

お持ち帰り用のみかんは、1袋500円で詰め放題です。
モンゴルのみかんは中国産なので味が違うそうです。
日本産のみかんのほうが美味しいと、沢山みかんを収穫していました。

m10.jpg

第一のみかん畑の裏山を歩いてみました。
秘密基地を探索したくなりそうな山道です。

m11.jpg

高い位置にあるので、海が綺麗に見えます。

m12.jpg

突き当たりには、登ると海が全面にみえる、木の台がありました。
危険そうなので登りませんでしたが、勇気のある人は登って絶景を見るのかもしれません…。
http://www3.ocn.ne.jp/~shiokaze/
プロフィール

猫カツオ

Author:猫カツオ
日本一のカツオの産地、高知県黒潮町土佐佐賀の漁港の近くで暮らしています。
海の潮騒を聞きながら、のんびりと森林浴をしたり、極上の鮮魚を食べる優雅な日々を過ごしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR