FC2ブログ

旧市場

昔は、高知県漁業協同組合佐賀統括支所の横に市場がありました。

kyu1.jpg

向かい側は、漁の船置き場になっています。

kyu2.jpg

旧市場には、色んな形の椅子が並べられていて、漁師のおじさんやご近所さんの溜り場になっています。
昔はここで、魚の水揚やセリが行われていました。

kyu3.jpg

インドネシアからは、毎年、漁業研修生が来て、数年間、土佐佐賀の漁船で働きながら日本の漁業を学んで帰ります。

kyu4.jpg

旧市場の隣は、漁業研修生宿泊所になっていて、インドネシア研修生が集団生活をしています。
インドネシア研修生は、全員、自分達から爽やかな挨拶をしてくれます。
少し話しかけてみると、日本語も堪能で方言まで話せていました。
稼いだお金は、インドネシアへ仕送りしているそうです。

kyu5.jpg

最近、船置き場あたりで2匹の鴨をたまに見かけるようになりました。

kyu6.jpg

溜り場でたむろしている漁師のおじさんが、鴨にエサをあげているようです。
海の中で見かける鴨は、普段はどこに住んでいるのか謎めいています。

kyu7.jpg

自動販売機の前で漁師さんにあうと、通りすがりにジュースを買ってくれる時があります。
魚を仕入れたトラックも小路を走っていきます。

kyu8.jpg

小路を挟んだ向かい側には、恵比寿神社があります。
その隣に、観音堂に登る新しい避難道が完成しました。
津波警報の時は、避難道を登って避難もできます。
スポンサーサイト

日戻りガツオの水揚

カツオの町で有名な高知県黒潮町の佐賀では、カツオ一本釣り漁業が盛んです。
カツオ漁に大型船で出航し、しばらく地元へ帰れない船もありますが、カツオ漁から1日で戻れる、日戻りガツオ漁の船もあります。
高知県黒潮町には、海にカツオの牧場があります。
土佐佐賀の港から船で2時間程の黒潮牧場へ行き、その日に釣ったカツオを持って土佐佐賀漁港へ帰ってきます。

ih0.jpg

土佐佐賀漁港には、高知県漁業協同組合佐賀統括支所のJFマークの建物があり、そこで色々な魚の水揚がされています。

ih1.jpg

釣った日戻りガツオを船から水揚しています。
漁師さんに聞いたところ、日戻りガツオの漁は、深夜の2時位、遅くても深夜の4時位までに船が出発し、お昼の2時から3時頃に土佐佐賀漁港へ戻ってきて、釣った魚の水揚をするそうです。

ih2.jpg

日戻りガツオを釣る竿には、6個のナブラがついていて、竿を引き上げると、一度に6匹のカツオが釣れることもあるそうです。

ih3.jpg

カツオを籠に入れて、クレーンのようなもので、港にカツオを引きあげます。
魚の水揚からセリまでは、高知県漁業協同組合佐賀統括支所の職員が行います。

ih4.jpg

陸に揚がったカツオの籠を、少しでも鮮度が落ちないように、走って運んでいきます。
元気で体力が無いと続けられない仕事です。

ih5.jpg

カツオの背中の紫色があまりにも綺麗だったので、漁師さんに聞くと、生きている時のカツオの背中は紫色だと教えてくれました。
写真では綺麗な紫色に写りませんでしたが、間近で見るカツオの背中はもっと美しい紫色で新鮮でした。

ih6.jpg

水揚されたカツオは、急いで重さをはかりサイズ別に仕分けをします。
JF職員の方は、手際も良く、一生懸命働いています。

ih7.jpg

魚の仲買業者も水揚の時間帯に集まっていて、準備のできた魚から順次セリ落としていきます。
セリ落としたい魚の金額を各自ソロバンではじいて、一番金額の高い値段をつけた業者さんが魚をものにできます。

ih8.jpg

魚の仲買業者は、セリ落とした魚を市場の出荷用に梱包し、自分達の会社のトラックに積み込む作業をします。

ih9.jpg

魚を積み込んだトラックは、そのまま出発し、翌日の早朝には、高知市や大阪など中央の市場でも魚のセリができるように、各方面へ魚を運んでいきます。
魚は鮮度が勝負なので、全員スピーディーに動いています。
その日にしか味わえない日戻りガツオを、高知県黒潮町の土佐佐賀へ食べに来てみるのも良いかもしれません。

団体のお食事

カツオふれあいセンター黒潮一番館はレストランになっていて、本場高知のカツオ料理が食べられます。
少しでも鮮度を保つため、カツオの刺身やタタキは、注文を受けてからカツオ1匹をさばきます。
カツオ漁で有名な土佐佐賀の漁師町で育ったオバチャン達は魚料理に詳しく、歩いてすぐの場所にあるJF水揚げ場へ魚を見に行きます。
2011年の食べログベストレストランの表彰状が届き、30万人のユーザーに選ばれた至高のレストラン高知のページをチェックしてみると、黒潮一番館は4位になっていました。

syo1.jpg

黒潮一番館に、団体のお客様から事前予約が入ったので、外のお席へご案内しました。
人数と到着日時と注文料理をご予約時にお伝えいただくと、前もってお料理の準備ができるので、料理を待つ時間が多少短くてすみます。

syo2.jpg

車椅子をご利用のお年を召したお客様は、ご注文料理も事前予約して昼食を食べに来てくれました。
カツオのタタキ定食の注文があり、自分達の食べるタタキの藁焼きを見物していました。

syo3.jpg

団体のお客様を店内にご案内したら、店が貸切り状態になってしまいました。

syo4.jpg

バイクのツーリング40名程のお客様も事前予約してくれたので、外にお席を用意しました。

syo5.jpg

バイクのお客様は、到着してから各自バラバラで料理を注文する形式だったので、注文を受けてから40人分のお料理を順番に作り始め、料理を運ぶまで大変お待たせしてしまいました。

syo6.jpg

カッコイイバイクがたくさん見られて、珍しい光景でした。
団体のお客様は事前予約をすると、暑くもなく寒くもない季節、外の席で心地よい風に吹かれながらお食事できます。
黒潮一番館 → http://kuroshioichibankan.com

カツオのタタキ作り体験300人

奈良市立三笠中学校から300名程の生徒さんが、カツオのタタキ作りを体験してくれました。
一度に300人がカツオのタタキ作り体験をするのは難しいので、午前中・午後・翌日の午前中と3班に分かれて体験にいらしてくれました。
高知県四万十市&黒潮町の旅は、1泊2日のホテルも班ごとに分かれ、海釣りやカヌーなどの体験もされたようです。

mka1.jpg

午前中のA班の生徒さんは、ブルーのジャージで訪れました。
今回は、漁師のおじさんも、ブルーのTシャツとキャップで登場しました。

mka2.jpg

一通り、カツオのタタキ作り体験とお食事が終わった後、船にのって一本釣り擬似体験で遊びました。

mka3.jpg

カツオと同じくらいの重さにしたペットボトルを地面に置いて、カツオのペットボトルを手作りの竹竿で釣ります。
漁師さんが、カツオの一本釣りのコツを手ほどきしていました。

mka4.jpg

午前中のA班が帰ると、午後から来るB班のタタキ作り体験の準備が始まりました。

mka5.jpg

午後からのB班は、昼食は済ませてあったので、軽食のタタキ作り体験でした。

mka6.jpg

お食事は、カツオのタタキとあら汁のみをお召し上がりになりました。

mka7.jpg

翌日の午前中は、C班がいらっしゃいました。
カツオをまな板の上で切る前に、カツオが海の中でどのように泳いでいるか説明しています。

mka8.jpg

大人数の中、かわるがわる交代で、カツオを藁焼きにします。

mka9.jpg

漁師さんが、庭で四つ葉のクローバーを見つけ、生徒さんにプレゼントしていました。
カツオが食べられない生徒さんには、代替えの唐揚を用意していました。
とても親切です。

美容院の社員旅行

高知市内から、美容師さんが社員旅行で、カツオのタタキ作り体験にいらしてくれました。
美容院は高知市の卸団地にあるそうです。

by1.jpg

とても従業員の多い美容院なので感心しました。

by2.jpg

美容院の社員旅行は、お子様同伴も可能なようです。

by3.jpg

小さいお子様も、カツオのタタキを焼く炎があがると、指をさして反応しています。

by4.jpg

美容師さんの団体なので、テンションが高く、とても明るい雰囲気でした。

by5.jpg

お子様のために、ジュースを持参してきたようです。

by6.jpg

観光バスをご利用なので、ビールも飲めて宴会のような楽しいお食事でした。
その後は、足摺で観光するとのことでした。

東京の高校生

東京都中野区から、130名程の高校生の皆様が、カツオのタタキ作り体験にいらしてくれました。
さすが都会の高校生、とてもお洒落で大人っぽいです。
生徒さんが田舎の黒潮一番館の敷地内へ到着したとたん、一瞬、原宿にいるような錯覚に陥りました。

ton1.jpg

お花畑の中で、3人お揃いの花柄のエプロンをしている生徒さん達には花があります。

ton2.jpg

タレント出演のような、カツオのタタキ作り体験がはじまりました。

ton3.jpg

東京都立中野工業高等学校の生徒さんは、とても明るくて愛想が良いです。

ton4.jpg

昨年もいらしてくれましたが、今年も沢山の生徒さんを連れて訪れてくれました。

ton5.jpg

カメラを向けるとポーズを決めてくれます。

ton6.jpg

カツオのタタキをスライスしている手を止めて、笑顔でVサインをしてくれます。

ton7.jpg

お食事の時も楽しそうです。

ton8.jpg

こちらのテーブルでもVサインをしてくれ、楽しい気分になります。

ton9.jpg

望遠で遠くの船を撮影していると、それに気づいた生徒さんも愛想良く手を振ってくれました。

ton10.jpg

カツオのタタキ作りを教えてくれた漁師のおじさんとも仲良く記念撮影です。

ton11.jpg

最後に、漁師のおじさん・おばさんへ、生徒さんからお礼の言葉がありました。
生徒さんが「塩が美味しかったです。」と一言コメントすると、「カツオはー?」とすかさずオバサン達に突っ込みを入れられ、あわてて「塩タタキが美味しかったです。」と言い直しているところで爆笑しました。

ton12.jpg

お別れのシーンも和気あいあいで、毎日が楽しそうな東京都立中野工業高等学校の皆様でした。

岡山大学教育学部附属中学校の生徒さん

岡山県より大型バスに乗って200名程のお客様が、カツオのタタキ作り体験にいらしてくれました。
2泊3日で高知市のホテルに宿泊しながら、高知県内にある、西島園芸団地や牧野植物園、幡多郡に点在している各種体験旅行を訪れてくれたようです。

ok1.jpg

黒潮一番館のカツオのタタキ作り体験には、初日に全員でいらしてくれました。
黒潮一番館の斜め向かいの広場には、大型バス5台でも余裕で駐車できます。

ok2.jpg

岡山大学教育学部附属中学校の生徒さん達は、はじめに記念撮影を行いました。
写真屋さんも旅行に同行しています。

ok3.jpg

カバンなど荷物を置いてもらうスペースは、テントをはって用意しました。

ok4.jpg

高知県佐賀漁港で水揚げされた新鮮なカツオです。
班ごとに1匹ずつカツオを渡します。

ok5.jpg

それぞれの班に分かれ、各テーブルの漁師さんにカツオのさばき方から習います。

ok6.jpg

大勢の人に囲まれ、熱気ムンムンでカツオを焼く火も燃えあがります。

ok7.jpg

完成したカツオのタタキに、地元野菜の天ぷらや小夏なども運ばれてきて、美味しそうになった食卓を囲みます。

ok8.jpg

お食事中に、タタキ体験の隊長が各テーブルをまわり、代表者にメガホンで感想をのべてもらいました。
毎年どうもありがとうございます。
プロフィール

猫カツオ

Author:猫カツオ
日本一のカツオの産地、高知県黒潮町土佐佐賀の漁港の近くで暮らしています。
海の潮騒を聞きながら、のんびりと森林浴をしたり、極上の鮮魚を食べる優雅な日々を過ごしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR